真冬の作業着として機能性の良いジャンパーのメリットとアレンジ

サイトマップ

ジャンパー

NOTICE

真冬の作業着の必須となるジャンパー

ジャンパーの中で1日中、外で働く人達が愛用する商品があります。特に真冬、極寒の中で体が冷えないように着用するジャンパー。ドカジャンといいます。ドカジャンの由来はドカタのジャンパーです。道路工事や土木作業員、警備スタッフが着用しています。1日中、外で働く人達にオススメです。
ドカジャンには2つの種類があります。パイロットジャンパータイプとカストロコートです。パイロットジャンパーは丈が短く、裾が伸縮。米空軍のフライトジャケットに似ている事から呼ばれています。カストロコートは丈が長め、カストロとは諸説あります。キューバ革命で有名なフィデル.カストロが愛用した。イタリア語でビーバー(castoro)、働き者の意味。この2つが有力です。衿に取り外し可能のボアを使用、内側のライナーはボア物が人気です。
素材は綿100%、ナイロン、ポリエステル系に分けられます。綿100%は耐火性に優れ、静電気がおきづらいです。ナイロン、ポリエステル系は雨に強く、軽くて保温力が高いです。雨に強く、水分を弾きますが火に弱いのが特徴です。中綿入りは暖かくと撥水加工されたジャンパーは雨でも安心して着用できます。また、リサイクル素材を使った物や、ポケットが多いのが特徴です。デザイン、色合いも多様になったドカジャン。派手さはないですが、丈夫で機能性に優れているロングセラー商品です。

機能性の良いジャンパーのメリットとアレンジ

日常生活に大活躍してくれて気軽に着用できるジャンパー。より機能性の良いジャンパーを選べば秋口から真冬から肌寒い春まで長い間活躍してくれて、しかもおしゃれ仕様にも応用できます。
ジャンパーの内側に裏起毛を取り外せるようになっているものがあります、これなら涼しい季節は外して真冬はつけて着れば温度調節がラクラク可能なのです。しかも袖口の外側にボタンがついて引っ掛けることができるので袖口が汚れそうな時はクルっとたくしあげて固定できて便利です。裏起毛の内側のものは洗濯機で手軽に洗えるので清潔に保ててジャンパー本体も洗えるのでクリーニングいらずのコスパの良さです。
しかもフードもついて小雨が降ったり風が強かったりするときは防御できます。カラーは日常使いにするとどうしても汚れたりするので濃いカラー、黒やネイビーや深いカーキが長く愛用できるポイントです。
フードのところにファーをつけることができ取り外し可能なのでおしゃれっぽく仕上げたい時はファーをつけると雰囲気が変わります。ジャンパー本体はカジュアルなものなので少しエレガントや小綺麗目に寄せたいときは女性ならジャンパーの前を少し開けてパールネックレスをちらつかせてミックスな感じにしたり、男性なら綺麗な色のベイズリー柄のスカーフをキュッと首に結んだりするといいです。

ダウンもGジャンもジャンパーの1種です

ジャンパーはコート類やテラードジャケットと比べてカジュアルな要素が強いですが、その分動きやすさも上回るでしょう。最近はオシャレなだけでなく、軽い素材で作られている物も主流になっています。ジャンパーに分類される上着は多々有りますが、防寒具として非常に役に立つのは「ダウンジャケット」でしょう。ダウンジャケットは羽毛が詰められているので、柔らかくて暖かいです。
ファッションとしては、「ジーンズ」や「スキニーパンツ」や「チノパン」に合わせるのが良いでしょう。また少し気温が暖かくなったら、「スカジャン」を着るのも有りでしょう。スカジャンは背中に花だとか龍だとかの模様が刺繍されているので、ちょっとガチャガチャした見た目をしています。けれどその分、華やかさを印象付けられるでしょう。コーディネートとしては、デニムと合わせるのがしっくり来るハズです。
それと春先に羽織るのにピッタリな「Gジャン」も、ジャンパーの1つです。Gジャンは生地がデニムなので上記2つよりはカッチリとしますが、そのお陰で清潔なコーディネートに出来るでしょう。女性ならシフォンスカートやワンピースやセットアップの上から、羽織ったら可愛いです。男性はカーゴパンツやスラックスと合わせれば、オシャレになります。ジャンパーと言え種類は色々、用途に適した物を選びましょう。

仕事着にジャンパーを取り入れよう

ジャンパーをおしゃれとして取り入れている方も多いのですが、より多く活躍するのは工場などの現場で着られているジャンパーではないでしょうか。工場などで着られているジャンパーはおしゃれアイテムとして活用されているものとは異なり、多くは企業の名前が入っているオリジナルのジャンパーで、見た目以上に機能性を大切にしています。企業などで見られるオリジナルジャンパーは袖口がしっかり絞まっているタイプのものが多く、これが作業現場で着れるジャンパーの特徴です。作業をしているとき、袖が邪魔にならないように袖口を絞めることで作業効率が上がるように、このような作りとなっているのです。また、外作業のジャンパーにはフードつきのものが多いのに対して、内作業のジャンパーはフードがないものが多いと言えます。これらのオリジナルのジャンパーは最近では低価格で業者に依頼して簡単に作ることが出来るため、多くの企業が機能性の高いジャンパーを取り入れています。ベースとなるジャンパーを選んで、社名を入れるだけの簡単なオリジナルジャンパーでも依頼が可能なことが、企業から高い支持を得ている理由と言えます。社員としての意識を高めるといった意味でも、仕事着にオリジナルジャンパーを取り入れてみてはいかがでしょうか

SUB MENU

»一覧へ

ジャンバーはいつから造られたのか

ジャンパーとブルゾンの違いは?ジャンパーとは、サイズが合っていなくても着れる上着であり、作業用や防寒・防水用として着用します。スポーツウェアやカジュアルなものです。ブルゾンとの違いが分からない人も多いと思いますが、英語読みなのかフランス読みなのかという、ただそれだけなのです。一昔前まではジャンパーと呼ぶのが普通だったが、今ではブルゾンが主流である。ジャンバーなんて呼ぶと昭和の人と時代遅れに思われてしまう。ジャンパーの歴史では、ジャンパーやブルゾンについていつから…

ジャンパーは小学生の強い味方

朝早く家を出て学校へ行き、休み時間には元気に外で遊び、夕方帰ってくる小学生の子供たち。同じ一日でも、朝と昼、夕方では気温の差が大きい日もあり、服装や防寒着選びに悩むことも多々あります。そんなときに一役かってくれるのが、ジャンパーです。ジャンパーと聞くと、薄そうとか、コートなどより寒そうとかいうイメージを持たれがちですが、決してそんなことはありません。裏生地に暖かい素材を使っているものもありますし、表地がナイロンなど風を通さない素材でできているので、実際着てみると…

Copyright © 2017 真冬の作業着として機能性の良いジャンパーのメリットとアレンジ All Rights Reserved.